カードローン低金利はここです!

カードローンを低金利重視で選ぶ場合、実際どのこが一番低金利なのは、初心者には正直分からないと思います。

 

消費者金融・クレジットカード・信販・銀行カードローンがあり、キャッシングカードローンは多く感じているでしょう。

 

しかし、増えているのは銀行カードローンだけで、特に消費者金融業界は年々業者数は減り続け、最盛期と比べれば何十分の一まで減っているのです。

 

銀行カードローンは保証会社に大手消費者金融や大手信販がついており、保証会社の審査に通れば、高確率で銀行カードローンを借りれますが、実際には審査はそうそう甘くありません。

 

今回は低金利を重視したとき、どこで借りれば一番低金利で借りれるかということですが、設定は当然、今時点で借入が無く、勤続年数、年収ともに平均的な人の場合で書きます。

 

今現在借りれがあるのであれば、どこで借りようと選ぶ前に、どこが貸してくれるか?という基準に目線を変えた方が賢明です。

 

それほど今のキャッシングカードローンの審査は厳格化になっていると言わざるを得ません。

 

カードローン低金利なら三井住友カードゴールドローン!

ずばり答えを言います。低金利重視で借りるのであれば、三井住友カードゴールドローンをおすすめします。

 

このゴールドローンは消費者金融と同じ貸金業者になるのですが(厳密に言えばクレジット会社)、金利は銀行よりも全然に低い、実質年率4.5%〜9.8%の驚異の低金利設定になっています。

 

上限金利9.8%は、東京スター銀行の、のりかえローンと同じです。東京スター銀行はあくまで、借り換え(のりかえ)となっていますが、三井住友カードゴールドローンは通常のフリーローンの金利です。

 

上限金利9.8%のことで、審査がOKで借りれるならば、金利は必ず1桁の9.8%以下になるということです。限度額は最高500万円で、これは三菱東京UFJ銀行カードローンのスペックを超えています。

 

しかし、カードローンには良い面と、悪い面があり、三井住友カードゴールドローンのデメリットは、毎月の最低返済金額がかなり高い設定になっています。

 

少額借入の場合、毎月最低2万円の返済は負担が大きいと言えます。

 

消費者金融のカードローンであれば、少額の10万円の場合、毎月の最低返済額3,000円となっています。

 

これだけ低い返済額なら負担は少なく楽になりますが、なかなか残高が減っていかない現象が待っています。

 

くれぐれも、その点、間違えないようにしてください。