銀行カードローンについて

カードローンは、銀行や協同組合金融機関などの金融機関が行っているローンサービスのひとつです。

 

その名の通り、カードローン用のカードを使って、ローン…つまりお金の貸付を受けるというものです。

 

銀行などで貸付を受ける住宅ローンや自動車ローンと違い貸付されたお金は自由に使うことができます。

 

また普通のローンに比べて審査が通りやすく、また消費者金融などのキャッシングサービスに比べて金利が低いとされています。

 

それに銀行のCDやATMを通じて、融資を受けることができるため、手軽にお金を借りることができます。

 

カードローンのカードは、銀行の預金口座のキャッシュカードを利用するのと、専用のカードを発行するのに分かれます。

 

専用カードの場合は、その銀行に口座を開いてなくても貸付を受けることができます。カードローンでは、担保を必要としない無担保型と、不動産や有価証券などを担保とする有担保型がありますが、一般によく目にするのは無担保型です。

 

いずれも融資を受けるには審査が必要になります。なお、無担保型では、その貸付の保証は保証会社が行います。返済不可能となった場合、この保証会社が銀行へ代位弁済し、債権回収を行うことになります。

銀行カードローン審査は通りずらいのか?

銀行カードローンは保証会社の保証を受けることが融資条件となりますので、保証会社の審査が通らなければ100%融資を受けることはできません。

 

銀行と、保証会社2つの審査があることで、なかなか審査が通りずらいと思いやすいですが、今の無担保の銀行カードローンの保証会社はほとんどが大手消費者金融や大手信販会社となっており、カードローン保証会社としての審査ハードルはそこまで高いとは言えません

 

そして銀行は保証会社の保証が付くことで、万が一返済不能などの不良債権となった場合でも代位弁済で貸金を回収できることから、保証会社の審査が通れば高確率で銀行カードローンの審査は通ると言われています。

 

要するに、保証会社の消費者金融やクレジット・信販会社の審査が通れば良いのであれば、そこまで銀行カードローンの審査は厳しくないということが想像できます。

 

銀行カードローンは、貸すも貸さないも結局のところ、保証会社次第と言えるのです。