総量規制の問題点

キャッシングカードローンの審査では総量規制が大きく関わってきます。

 

総量規制とは、年収3分の1までしか貸付を禁止した貸金業法の法律です。要するに年収の3分の1までしか貸金業者からは今現在借りることができないのです。

 

貸金業者とは消費者金融やクレジットカードのキャッシングが当てはまり、特に影響が大きいのは消費者金融会社です。

 

なぜなら、総量規制が2010年6月から施行となったせいで、収入が無い専業の主婦は消費者金融から一切借りることができなくなりました。

 

今までなら、夫に安定した収入があれば専業主婦は消費者金融から借りることは可能でした。家計を握っているのは専業主婦が日本では多く、夫はお小遣い制で、毎月3万円程度しか自由に使えるお金がありませんが、専業主婦は夫の給料を管理していることから、自由に使える金額は夫よりも妻の方が多い場合があるのです。
実際、平日のパチンコ店に行けば分かりますが、開店と同時で入ってくるのはパチプロや、高齢者、そして専業主婦らしき女性が非常に多いのが目につきます。

 

彼女らは、夫が稼いできた給料を平気でパチンコで使っており、夫には毎月微々たるお小遣いしかあげていない、非常に厳しい人種なのです。

 

しかも、パチンコをしている専業主婦の多くがパチンコにはまっており、毎日のようにパチンコ店に出入りしています。要するにそれほど、家計のお金を自由にできるのは専業主婦ということになるのです。

総量規制後専業主婦は借りられなくなった!

消費者金融などの貸金業者から借りているのはサラリーマンや自営業などの男性ばかりではありません。

 

専業主婦の借入は非常に多く、消費者金融会社では女性専用のレディースローンを積極的に営業していた時期もありました。

 

しかし、総量規制が決まってからは、女性に融資することが非常に厳しくなったため、レディースローンは今実際には動いておらず、専業主婦が借りるのであれば、総量規制対象外の銀行カードローンが一般的になったのです。

 

銀行カードローンは貸金業者では無いため、総量規制に入らず、総量規制対象外となります。総量規制対象外と言うことは、年収3分の1の規制が無く、よって、専業主婦でも最大50万円程度であれば融資を受けることが可能なのです。

 

このように、総量規制は年収3分の1の規制をしましたが、すべてが平等では無く、銀行カードローンであれば、年収規制が無く借りれても消費者金融では借りられないという矛盾が発生しています。

 

総量規制は多重債務者を無くす目的で作られましたが、銀行で借りれるのであれば、多重債務者は減ることがありません。総量規制は貸金業者のみを対象としたことで、様々な問題が発生しているのです。

 

総量規制対象外の銀行カードローンであれば、総量規制対象外!即日・低金利のカードローンがおすすめです。