収入証明書不要で借りる方法とは?

総量規制が施行されてから、消費者金融では年収の3分の1までしか借りることはできなくなってしまいました。

 

しかし、デメリットが増えたのはこれだけではありません。消費者金融やクレジットカードのキャッシング機能では、総量規制ができたことによって、50万円を超える借入の場合は収入証明書を必ず提出しなければならなくなったのです。

収入証明書を持っていなかった場合どうなるのか?

消費者金融会社が提示を求めてくる収入証明書とは、サラリーマンであれば、源泉徴収票、自営業者であれば確定申告書の写しになります。役所へ行けば所得証明も取得できます。サラリーマンの人で、源泉徴収票を持っていない人は、直近の給料明細書2か月分でも収入証明書をして認めてもらえます。

 

源泉徴収票は年末調整時に発行され、自営業者の確定申告写しについても、年1回確定申告の時期しか持っていないのが一般的です。カードローンの審査で収入証明書が必要になると事前に知っていれば予め用意しておけますが、収入証明書が必要となったのは最近の事ですので、多くの人は審査時に年収を証明する書類が必要だとは思っていないはずです。

 

消費者金融は貸金業者になりますので、貸金業法にのっとり、50万円を超える貸付又は、他の貸金業者と合わせて100万円を超える貸付の場合は必ず収入証明書を取得する義務があります。

 

審査時に収入証明書がなければ、審査結果は出ない可能性も有り、融資はしてもらえなくなるのです!

収入証明書不要で借りれるカードローンがある!

収入証明書を持っていない場合、収入証明書不要で借りれるカードローンへ申込みすることが最善の策です。

 

収入証明書不要のカードローンとは、銀行カードローンのことです。銀行カードローンは100万円以下は収入証明書不要としており、楽天銀行カードローンなどは限度額200万円以下は収入証明書無しで借りることができます。

 

このように銀行によって、収入証明書不要の金額は違っており、100万円を超える場合でも、オリックス銀行カードローンでは300万円まで収入証明書が不要なのです。

 

収入証明書不要で借りる方法とは、銀行カードローンへ申込みすることになります。一般的に消費者金融よりも銀行カードローンの方が審査が厳しい為、消費者金融で収入証明書が必要なら、銀行でも当然に必要と思っている人が多いですが、銀行は総量規制は関係が無いため、総量規制対象外のカードローンとして、収入証明書は消費者金融ほど細かく規制は無いのです。