カードローン審査が通りやすいのはどこ?

カードローン審査を受ける前に自分自身が審査に通るかどうか不安に思う人もいるでしょう。カードローン審査はカードローン会社によって違いますが、大まかな審査方法は一緒です。

 

その為、一社に申込みして審査が通らなかった場合、他のカードローン会社へ申込みしても通らない可能性があるのです。

カードローン審査で最も重要なのは総量規制!

昔のカードローン審査と、今の審査では大きく違っている点があります。それは総量規制です。総量規制とは2010年6月より施行された貸金業法の法律で、年収3分の1を超える貸付は禁止となっています。

 

総量規制は2010年前には無かった為、それより前に申込みして審査に通った人でも、今は年収の3分の1以上借入があった時点で審査は断りになります。

 

その為、カードローン審査で今最も重要なポイントは総量規制の範囲内か範囲外かによるのです。

銀行カードローンは総量規制対象外の為、審査に通りやすいのか?

年収3分の1を超える貸付を禁止とした総量規制は、貸金業者の消費者金融やクレジットカードのキャッシングに適用されますが、銀行は貸金業者には含まれませんので、総量規制は関係ありません。

 

その為、年収3分の1以上借入があっても、銀行カードローンであればそれ以上融資を受けられる可能性はありますが、審査に通りやすいかどうかは別問題となります。

 

銀行カードローンの審査は消費者金融やクレジットカードのキャッシングに比べるとやはり、審査は厳しいと言えるからです。総量規制が関係無いと言っても、勤続年数や年収、勤務先の会社規模などの属性が大きく関わってくることで、借金が少なくとも、銀行カードローンの審査に落ちる人もいます。

 

逆に銀行カードローンの審査は属性が良ければ、多少借金が多くても借りれる可能性はあると言えるのです。

カードローン審査が通りやすいのは消費者金融です!

カードローン審査が通りやすい一点だけで絞るならば、間違いなく消費者金融でしょう。しかし、先ほど書いたように、借入額は年収の3分の1未満というのが絶対条件となります。

 

そして、消費者金融の中でも審査通過率が高い会社へ申込みするのが重要な事です。消費者金融で審査通過率が高いのはモビットです。モビットは三井住友銀行のモビットとして銀行系消費者金融ですが、借入額が年収の3分の1の総量規制範囲内であれば、今借りているカードローンの返済が遅れていなければ借りれる可能性は充分に有ると言えます。

 

カードローン審査で申込み先を迷っているのならば、モビットに一度も仕込みしてみることをおすすめいたします。