カードローンと収入証明書の関係

金融業者から融資を受ける際に提出書類の一つである収入証明書については2010年に施行された改正貸金業法のよって規制されることになりました。

 

一社からの利用限度額が50万円を超える場合や複数社からの借入額が100万円を超える場合には貸金業者は融資を希望する人から収入証明書を提出させる義務が出来ました。

 

融資を受ける人で収入証明書を出さないいけない条件の人は収入証明書を提出しないと融資を受けられないということでもあります。

 

ここで重要なファクターとなるのは改正貸金業法の規制であるということで、貸金業法で規制される金融業者に適用されるということです。

 

いわゆる銀行以外の消費者金融や信販会社などのノンバンクといわれる貸金業者の規制であって、銀行法で規制される銀行では改正貸金業法で規制と受けることはありません。

 

それに貸金業者であっても50万円以下の利用限度額の設定であれば収入証明書の提出は改正貸金業法の規制外であるので、提出を求めない場合もありえるということです。

収入証明書があれば審査は有利になります!

実際には貸金業者でも大手では規制されない1社で50万円以下であれば収入証明書の提出を求めないという場合が多いようですが、それでも融資を受けるためには審査を受ける必要がありますから、収入証明書があれば審査に有利になる場合もあります。

 

逆に収入証明者が必要な金額の場合でもその収入証明書の提出を求めないというような業者であれば、あまりよくない業者であると判断できますので、いくらお金が必要だからと言ってそのような業者からお金を借りることはやめた方がいいでしょう。

 

銀行のカードローンでは規制では収入証明書の提出を求めないということですが、それでも融資の希望金額がいくらであっても収入証明書の提出を求めないという訳ではありません。

 

オリックス銀行審査のまとめを見ると、300万円まで収入証明書不要となっていますが、300万円を超える場合は原則必要となってきます。

 

貸金業者との違いを出すために50万円よりも金額が高く設定されている場合が多いですが、それでも収入証明書の提出を求めない金額を設定している場合がほとんどです。

 

それぞれの銀行独自の規定があるので、金額はまちまちですが、100万円から多くとも300万円程度に設定していることが多いようです。

 

一見すると、銀行の方が有利なように思われますが、カードローンの審査では一般的に貸金業者よりも銀行の審査の方が厳しいという傾向はありますから、収入証明書の提出の金額が高いからと言って銀行のカードローンの方が借りやすいというわけでは決してありません。