カードローン申込時の収入証明書類の種類

カードローンでは保証人や担保不要でお申込みすることが出来ます。即日審査・即日融資が可能なカードローンも多く、急ぎでお金を借りたい方にもよくご利用されています。

 

アルバイトやパートの方でも安定した収入があればカードローンにお申込みすることが出来ます。お申し込みするときは本人確認書類、収入証明書類の2つの書類の提出が求められることが多いです。

 

本人確認書類は運転免許証や各種保険証、パスポート、住民基本台帳カードなどで、本人確認書類は別人が本人になりすましてお申し込みされるのを防止するために必要です。

 

カードローンは、来店不要ですべて手続きができることから、一昔前から別人による借入は少ないですがありました。本人の免許証のコピーがあって、勤務先の在籍確認が本人以外で取られた場合、稀に気づかずに融資してしまうケースが実際にあったのです。

 

収入証明書類は源泉徴収票や確定申告書、税額通知書・所得証明書、給与明細書などです。収入証明書類はお申込者ご本人が返済を継続させるために必要な収入があるかどうか確認するために必要です。

 

この収入証明書類は必ず提出が必要では無いですが、審査時に貸金業者から提出を求められた場合は出さなければなりません。

 

基本的には、お申し込みされたカードローンのご利用限度額が50万円を超えない方や、そのご利用限度額と他社の貸金業者の借入の合計が100万円を超えない方は提出が不要となっています。

 

また、カードローンでは最大300万円や500万円くらいの高額なご利用限度額が設定されていますが、審査によってお申込者の返済能力や信用力などに応じて設定されるご利用限度額が変わります。

 

オリックス銀行では最高限度額800万円と高くなっており、限度額が大きければ金利も低いので、おまとめローンにはおすすめの銀行カードローンとなっています。