銀行カードローンの特長とは?

今のキャッシングカードローン市場はの主役は銀行カードローンとなっています。なぜ銀行カードローンが人気で、選ばれるのか?それにはいくつもの根拠があり、最初に申し込みするカードローンであれば銀行カードローンが間違いなくおすすめなのです。

 

銀行カードローンは貸金業者のカードローンと比較して低金利!

銀行カードローンの最大の特長は金利にあります。今の法律の上限金利は、10万円未満は年率20%まで。10万円以上100万円未満は年率18%まで。100万円以上は年率15%までと定めれています。

 

消費者金融やクレジットカードのキャッシング利率は、100万円未満の借入の場合、法律上限金利の年18%の金利が適用されることがほとんどです。それは、カードローン会社にとって、利息が売上となることから、法律改正となって引き下がった今の上限金利では目一杯の金利でなければ、なかなか利益が出ない金利となっているからです。

 

しかし、銀行カードローンは100万円未満でも年率15%以下の金利設定となる場合が多く、消費者金融やクレジットカードのキャッシングと比較すれば約3%〜4%も金利の開きがあり、低金利のカードローンになります。

銀行カードローンは高限度額により借り換え・おまとめもOK!

銀行カードローンの限度額はほとんどが500万円以上となっており、消費者金融の限度額200万円〜300万円に比較すると、大きな差があります。限度額が大きい銀行カードローンでは800万円〜1000万円のカードローンもあり、高限度額ほど設定金利は低く、複数借入のおまとめや、借り換えに最適となっています。

 

ここまでの高限度額で使途自由のローンであれば、リフォームローンや自動車ローンにも使うことができ、無担保・無保証(保証会社の保証のみ)の信用融資としては銀行カードローンが断トツと言うことができます。

100万円以下は原則収入証明不要で審査可能!

消費者金融等の貸金業者では、貸付が50万円を超える場合、又は、他の貸金業者の貸付と合わせ100万円を超える場合は必ず審査で収入証明書の取得が義務付けられています。

 

収入証明書は給料明細直近2か月分や、役所発行の所得証明書、サラリーマンであれば源泉徴収票が該当しますが、普段から2か月分の給料明細や所得証明書を持っている人は多くないと思います。消費者金融の審査の場合、50万円超の借入希望や既に他の消費者金融より100万円借りていた場合、必ず審査で収入証明書が必要となり、その場で持ち合わせていなければ審査結果は保留となるケースも出てきます。

 

銀行カードローンは貸金業者では無く、貸金業法の適用を受けないため、収入証明書は法律で取得する義務はありません。しかし、多くの銀行カードローンは100万円以下であれば原則収入証明書不要で審査可能としています。

 

他からの借入金額は関係なく、100万円以下の場合であれば、大抵の場合は事足りる金額ではないでしょうか?収入証明書不要で審査可能も銀行カードローンのメリットでもあり、楽天銀行のカードローンでは原則200万円以下なら収入証明書不要で審査可能としています。

提携コンビニ利用手数料0円など利便性は最高

銀行カードローンの多くは自行ATMはもちろん、提携コンビニATMの利用手数料0円が多く、いつでもどこでも全国のコンビニ等から借入・返済が可能です。限度額内で繰り返し借入と返済をするリボ契約の場合、意外とATM手数料はバカにできません。

 

1回利用で105円〜210円かかる場合もあり、何度も利用すればATM手数料のみで1000円以上取られることも珍しくはないのです。銀行カードローンは提携コンビニATMの手数料無料にて、手数料を取られることもなく、何度も利用できることは借り手にとって非常にありがたいことなのです。