カードローン比較のポイント

カードローンを比較する時に、何を基準にするか迷うと思います。カードローンは主に低金利・限度額・無利息・利便性を重視に選ぶことがより良いカードローン比較につながります。

 

金利比較する時のポイント

カードローンの金利は○○%〜○○%と表示されていますが、金利比較のポイントは必ず上限金利を比較するようにしましょう。
上限金利とは右側の金利のことを言い、例えば、6.5%〜18.0%の金利であれば、上限金利は18.0%ということになります。

 

なぜ上限金利で比較するのかと言うと、ほとんどのカードローンは借りたときに適用される適用金利は50万円以下の小口融資の場合、ほとんどが上限金利で設定されるからです。
その為、左側の下限金利で金利比較したとしても、実際に借りたときの金利とは違う為、本当の意味での金利比較になっていません。

 

カードローン比較サイトの多くは下限金利をもとにランキングされていますが、比較するのはあくまでも上限金利で選ぶことが大切なのです。

 

限度額比較のポイント

カードローンを限度額で比較する場合の注意点としては、限度額は審査で決まるもので、申し込み希望額はあまりすんなりと借りれることは難しいということです。
仮に150万円の限度額希望でカードローンを申込みしたとします。しかし、今までに利用実績もなく、属性もそこまで良くなければ新規申し込みでいきなり150万円の限度額が審査で可決になる可能性は少ないと言えるでしょう。

 

それはカードローンは無担保・無保証の信用貸しです。何年も利用実績があるのであれば別ですが、きちんと返済してくれるかどうか分からない初対面の人間に150万円を貸すことは正直難しいです。

 

限度額を比較する場合、高限度額のカードローンへ申込みすると思いますが、必ずしも希望通りの限度額は借りられないと思っていた方が無難です。

 

利便性比較のポイント

提携ATM数やコンビニ対応、会員サービスの充実など、利便性で選ぶのであれば、大手カードローンにするべきです。
大手カードローンの特長の一つに利便性の良さがあります。

 

銀行ATMやコンビニATMと提携していれば、いつでも・どこでも借入・返済は可能になります。逆に提携ATMが無く利便性が悪ければ、返済は銀行振込のみ(振込手数料は自己負担)、借入も追加融資の連絡をしてから、ある程度の時間が経って振込される(銀行振込時間外なら翌日振込になる)など、借り手としてはかなり不満度が高くなってしまいます。

 

利便性比較であれば大手にすることで、そのような不満を感じることもなくなります。