無利息カードローンのメリット

無利息カードローンとはある一定期間利息が付かないカードローンのことを言います。カードローンを低金利で借りようとした場合、この無利息カードローンは決して外せない重要ポイントになるのです。

 

カードローンは突発的な出費の時に借りる人が多いと思いますが、そのような人は給料日までの数日〜1か月程度の利用しかしない場合もあります。

 

短期間での借入であれば、低金利のカードローンを必死で探すよりも、無利息期間が付いたカードローンの方が利息が少なく、中には1円も利息を払わずに借りることもできるんです。

 

無利息カードローンの金額

無利息カードローンの日数は、プロミスで30日間無利息、レイクで借入の5万円までは180日間無利息、借入の全額を30日間無利息(2つの無利息は併用不可)、ノーローンで1週間なんどでも無利息(利用して完済後の翌日も1週間無利息)となっています。

50万円を18%で借りた場合、30日間の利息は7,397円

もし、あなたが50万円をプロミスかレイクで借りたとします。50万円の場合、適用される金利は多くが18%となる為、実質年率18%で借りた場合とします。30日間の利息は、
500,000円 × 18% ÷ 365日 × 30日間 = 7,397円

 

30日間利用した場合、利息は7,397円になります。しかし、プロミスかレイクで30日間無利息ならば、上記の利息は0円となり、1円も利息は発生しません。
もし、他の無利息期間が無いカードローンで借りたなら、必ず利息が付くことになり、消費者金融系であれば50万円ならほとんど18%の適用金利になりますので、利息の7,397円を支払わなければなりません。

 

7,397円大きくありませんか?

 

7,397円は時給900円のアルバイトで8時間分働いたと同じ程度のお金です。カードローンを借りるのは現金が無いから借りるのであって、お金がある人はカードローンから借金をする必要は無いはずです。

 

であるのなら、この7,397円はとてつもなく大きい数字だと感じるはずです。

長期間利用するなら低金利で選び、短期間なら無利息で選ぶ!

無利息カードローンのメリットを簡単に書きましたが、総合的にお得になるのは短期間の利用の場合です。1年以上などの長期間利用を予定している場合は無利息のカードローンを選ぶよりも、低金利の銀行カードローンを選んだ方が支払利息は少なくなります。

 

長期的か、短期的かはっきりと分からないのであれば、とりあえずは無利息カードローンを申込みして、長期になりそうであれば、低金利カードローンより借りて借り換えすることがベストになります。