総量規制対象外のカードローンとは?

2010年6月18日より、改正貸金業法は完全施行となり、総量規制が導入されました。総量規制とは年収の3分の1を超える貸付を禁止とした法律です。

 

しかし、この総量規制には、総量規制対象と、総量規制対象外の借入があり、総量規制対象外の借入は年収3分の1の計算に含まれないことになっているのです。

 

総量規制とは、貸金業法の法律になるので、規制を受けるのは貸金業者のみになります。貸金業者とは、消費者金融や、クレジットカードのキャッシングが該当しますが、銀行は貸金業者ではないので、総量規制の規制は対象外なのです。

 

銀行融資は全て総量規制対象外となる

銀行は貸金業者ではないので、銀行本体が行う融資は全て総量規制対象外です。その中でも代表的なものは銀行カードローンです。

 

銀行カードローンと、消費者金融カードローンが仮に同じ金利だったとしても、消費者金融会社は顧客の年収の3分の1までしか原則貸付はできませんが、銀行であれば年収3分の1を超える貸付も可能ということになります。

総量規制対象外は専業主婦でも融資可能!

総量規制は借り手の年収の3分の1までしか原則貸付ができません。その為、自身の収入が0円の専業主婦は消費者金融より、原則借入ができなくなりました。

 

専業主婦がカードローンを借りるのであれば、総量規制対象外の銀行カードローンしか借りれなくなったのです。

銀行カードローンは低金利で利息が安い!

専業主婦は銀行カードローンしか借入は困難となりましたが、銀行カードローンは消費者金融と比較して金利はかなり低くなっており、専業主婦が複数借入をする必要がなければ、今の銀行カードローンであれば借りれる確率は非常に高いと言えます。

 

低金利で借りれることから、借り手にとって、総量規制対象外とはデメリットもある反面、メリットもあると言えるのです。